食育とは

食育基本法の中では、
1.生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの
2.様々な経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践
  することができる人間を育てること
となっています。

食育の取り組み

 乳幼児期から高齢期まで、各種教室・講習会・健診(母子保健事業・成人保健事業など)など、様々な機会を通じて食についての取り組みを行っています。 

保育所・小学校との取り組み

 日吉津保育所・日吉津小学校・役場福祉保健課の栄養士で、月1回「栄養士連絡会」を開催しています。
 栄養士連絡会で『もりもりひえづっ子の日』として、共通献立を決定し毎月実施しています。共通献立は、年間テーマに沿った内容で作成を行っています。
 令和3年度は連携した取り組みとして、保育所・小学校で食育リーフレットの配布を行いました。

Icon R3年度食育リーフレット (1.4 MB)

 食をとりまく環境が大きく変化する中、子どもたちが健全な心と身体を培い、未来に向かって羽ばたくことができるよう、また全ての人が心身の健康を確保し、生涯にわたって生き生きと暮らすことができるようにすることが大切です。そのために、様々な経験を通して食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることが求められています。食育月間・食育の日を機会に、家庭でも「食」について見直してみましょう。

食を通じたコミュニケーション・子どもの生活リズム向上

 食事の作法・マナーや食文化を含め、望ましい食習慣や知識の習得が図られるよう、食事等の場において食を通じたコミュニケーションを図りましょう。
 朝食を食べることや早寝早起きを実践する等、子どもの基本的な生活習慣を育成し、健やかな生活リズムを整えましょう。
 家庭おける共食が難しい人が増えていることから、子どもから高齢者を含む全ての人が健全で充実した食生活を実現できるよう、地域やコミュニティ等を通じた共食の機会も作りましょう。

健康寿命の延伸につながる健全な食生活

 「食生活指針」・「食事バランスガイド」・「食育ガイド」も活用し、主食・主菜・副菜を基本とした「日本型食生活」で減塩推進や肥満・やせ・低栄養等の予防や改善を図り、健全な食生活を実践しましょう。

食の循環や環境への意識

 食に関する体験学習や食前食後のあいさつの習慣化、食料問題を含めた食の循環も意識し、自然の恩恵や食に関わる人々の様々な活動への感謝の念と理解を深めましょう。

伝統的な食文化に関する関心と理解

 伝統食材など地場産物を活かした郷土料理、食事の食べ方や作法等、豊かで多様な伝統的食文化に関心と理解を深めましょう。

食の安全

 食品の安全性を意識し、自らの食を自らの判断で正しく選択できるよう、食品情報に関心を持ちましょう。

お問い合わせは 福祉保健課(福祉事務所) まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5952

FAX 0859-27-0903

mail

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る