海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 村民の方へ > 教育委員会 > 文化財 > 村指定文化財2

村指定文化財2


金毘羅大権現常夜燈  下口 (日吉津村指定文化財)平成29年7月27日指定
所在地 日吉津333番地1

 道中の安全祈願と夜間照明のために献納された「金毘羅大権現」の文字が刻まれた常夜燈で、街道の道しるべの役割や地域繁栄の願いも込められた。江戸時代に建立された金毘羅大権現の常夜燈は、物流や交通の中心が船だった時代に、海上交通の安全に御利益のある金毘羅信仰の広まりと、陸路の交通の整備を今に伝えている。
 側面には、世話人の名が刻まれ、文化15(1818)年に地元の有志が建立したと考えられる。下口の常夜燈は宮川と稲川の分岐点の道沿いにあり、ここから南東へ進むと、蚊屋、尾高、大山へ道が続く。 
常夜燈(下口)
常夜燈(下口)

金毘羅大権現常夜燈  富吉 (日吉津村指定文化財)平成29年7月27日指定
所在地 日吉津946番地1

 道中の安全祈願と夜間照明のために献納された「金毘羅大権現」の文字が刻まれた常夜燈で、街道の道しるべの役割や地域繁栄の願いも込められた。江戸時代に建立された金毘羅大権現の常夜燈は、物流や交通の中心が船だった時代に、海上交通の安全に御利益のある金毘羅信仰の広まりと、陸路の交通の整備を今に伝えている。
 側面には、年号が刻まれ、文政4(1821)年に建立された富吉の常夜燈は、三段の基壇をもち、日吉津と集落をつなぐ古くからの道である浜田道沿いに置かれている。
常夜燈(富吉)
常夜燈(富吉)


〇このほかの文化財については、「村指定文化財1」をごらんください。

〇文化財地図はこちらをごらんください。






 
ページトップ