海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 子育て > 平成30年度保育所等新規入所のご案内

平成30年度保育所等新規入所のご案内

平成30年4月入所希望の保育所等利用申込みを受付けます

保育所とは
 保育所は、保護者が働いていたり、病気等の理由で、家庭で保育することができないお子さんを保護者にかわって保育する施設です。
 このため、就学前の教育や集団生活に慣れさせるためなどの理由で入園することはできません。
 また、保育の必要事由がなくなったときは、保育所を退所していただくことになります。


教育・保育の認定制度について
 認定こども園・保育所を利用するためには、教育・保育について、3つの区分の認定を受けていただき、その区分に応じた施設や保育がご利用いただけます。


認定区分

対象となる子ども

利用できる主な施設・事業

1号認定

満3歳以上で幼稚園等での教育を希望 幼稚園、認定こども園
(教育部分)

2号認定

満3歳以上で保護者の労働や疾病等の事由により、
保育所等での保育を希望
保育所、認定こども園
(保育部分)

3号認定

満3歳未満で保護者の労働や疾病等の事由により、
保育所等での保育を希望

保育所、認定こども園
(保育部分)
地域型保育事業
(小規模保育所等)


保育認定(2号認定、3号認定)を受けるには
 保育認定(2号認定、3号認定)を受けるには保護者に保育に欠けるいずれかの事情があり、児童の保育ができない状態にあることが必要です。
 「集団生活を経験させたい」、「教育を受けたい」といった方は、1号認定となります。

■対象年齢
 満6ヶ月から満5歳まで(平成30年4月1日現在)

■保育の必要事由
 両親が、就労中などの理由により児童の保育ができない場合

■受付期間
 平成29年11月1日(水)から平成29年11月22日(水)まで
 (土・日・祝日をのぞく)

■必要書類等
 ・支給認定及び施設利用申請書(役場福祉保健課にあります)
 ・マイナンバー記入用紙(役場福祉保健課にあります)
 ・マイナンバーカード(通知書の場合は免許証等の本人確認書類が必要)
 ・印鑑
 ※就労証明書等については、後日提出をお願いします。

申込様式は、下記のファイルをご利用ください。




■継続申し込み(現在入所中の保育所を継続)の方
 平成29年12月中旬までに保育所を通じて必要書類を送付します。

■保育所に入所できる方(入所要件)

 以下の条件に全て該当する方が申し込みできます。

 1.入所月の初日に本村に住民登録があること。
 2.保護者が次のいずれかの事情で児童を保育することができない家庭であること。
  (1)1ヵ月に64時間以上仕事をしている(原則1日4時間以上かつ週4日以上の就労が必要)
  (2)妊娠中または出産後である(出産前6週から出産後8週まで)
  (3)病気やけが、または心身の障害による
  (4)同居または長期入院等の親族の介護・看護にあたっている
  (5)火災、風水害、地震等の災害の復旧にあたっている
  (6)仕事を継続的に探している(3か月まで)
  (7)学校に在学しているまたは職業訓練を受けている
  (8)虐待やDVのおそれがある
  (9)育児休業取得時に、既に保育所(園)を利用している兄姉がいて継続利用が必要
    ・次年度に小学校入学を控えているなど、子どもの発達上環境の変化に留意する必要がある
    ・保護者の健康状態や環境の変化がその子どもの発達上好ましくないと考えられる場合など



就労証明書 [doc:60KB]

内職証明書 [doc:32KB]

民生委員証明書 [doc:31KB]


※民生委員についてはこちらをご覧ください。


※年齢の下の子どもを残して、年齢の上の子どもを入所させる場合は、「年少児を入所させない理由書」の提出が必要です。

※証明書を提出いただく方は、両親及び同居の祖父母(65歳未満の場合)です。
※ご家庭により提出いただく書類が異なりますので、詳細は役場福祉保健課にお問合せください。


・保育料を決定するための書類(書類を提出いただく方は、両親です。)
状況
提出書類
平成29年1月1日現在
日吉津村に住所がある方
(平成29年度(平成28年分)市町村県民税申告書の写し)
平成29年1月1日現在
日吉津村に住民登録が無かった方
平成29年度 市町村民税課税(非課税)額証明書(控除記載あり)
※平成29年1月1日時点で住民登録があった市町村が発行
平成28年中に
海外勤務期間がある方
海外勤務期間中の収入を証明する書類が必要となります。
福祉保健課まで別途ご相談ください。

※状況によっては、上記以外にも書類を求める場合があります。



■保育料
保護者の市町村民税の所得割に応じて村が設定する利用者負担額(保育料)を納めていただきます。


※母子世帯等(父子世帯、在宅障がい児(者)世帯)、複数入所、第3子以降の入所の場合は保育料の軽減があります。
※施設型給付を受けられる認定こども園・幼稚園の利用をご希望の方は、園を通じての申込みになります。

詳細は役場福祉保健課(TEL 0859-27-5952)までお問合せください。






 
ページトップ