海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 行政サービス案内 > 教育 > 文化財 > 平成29年度 村指定文化財(蚊屋島神社 龍の彫刻)の修復について

平成29年度 村指定文化財(蚊屋島神社 龍の彫刻)の修復について

蚊屋島神社 「龍の彫刻」

日吉津村指定文化財(平成26年9月24日指定)
所在地 日吉津380番地


拝殿と向拝(こうはい)の上部に、計三体の龍の彫刻がおかれています。
三体のうち、拝殿の壁におかれている一番大きな龍の彫刻の一部が破損したため、所有者である蚊屋島神社と村教育委員会で協議し、修復することになりました。

8月29~30日に扁額(へんがく)と龍の彫刻が取り外され、作業が始まりました。(扁額は元の位置に仮設置されています。)

工房で修復された龍の彫刻は、9月下旬に蚊屋島神社に戻る予定です。    

向拝に足場を組んだところ
向拝に足場を組んだところ

龍の彫刻を壁面から取り外す作業
龍の彫刻を壁面から取り外す作業

龍の彫刻を降ろしたところ
龍の彫刻を降ろしたところ

 

村指定文化財の詳細はこちらをご覧ください。

村指定文化財の位置は、下記のファイルをご覧ください。

○担当 日吉津村教育委員会事務局 (TEL 0859-27-5956)






 
ページトップ