海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 行政サービス案内 > 健康づくり > 不妊治療費助成について

不妊治療費助成について


 経済的負担により子どもを持つことを諦めることのないよう、特定不妊治療(顕微授精、体外受精)ならびに人工授精にかかった費用の一部を助成しています。

■対象者
・夫もしくは妻のいずれか一方または両方が1年以上継続して村内に住所を有している方
・助成金の交付を受けようとする不妊治療について、鳥取県助成金の交付決定を受けた方
・村税及び村公共料金等の滞納のない方
・他の自治体から助成対象治療に対する助成を受けていない方

■助成額
<特定不妊治療>
 特定不妊治療に要した費用(県助成金の算定基準額)から県助成金を引いた額または5万円のいずれか低い額。ただし、5年度を限度とします。
<人工授精>
 人工授精に要した費用(県助成金の算定基準額)の2分の1。ただし、1年度につき10万円、2年度を限度とします。

■対象となる治療
 平成29年4月1日以降に終了した不妊治療

■申請期間
 原則として治療をされた年度内に申請をしてください。ただし、2月1日から3月31日までの間に終了した治療については、翌年度の5月31日まで申請することができます。(申請した年度の治療として算定されます。)


■申請に必要なもの
 <特定不妊治療>
 ・鳥取県特定不妊治療費助成金交付決定及び額の確定通知書
 ・特定不妊治療にかかる領収書

 
 <人工授精>
 ・鳥取県人工授精助成金交付決定及び額の確定通知書
 ・人工授精に係る領収書






 
ページトップ