海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 行政サービス案内 > 公園・キャンプ場・体育施設など > 小学校グラウンドの芝生育成状況について(10)

小学校グラウンドの芝生育成状況について(10)



◎ H25.10.7(月)
 冬芝の種蒔きから1週間たちました。
 夏芝の緑の残っているところと、枯れはじめて茶色になっているところが出てきました。

H25.10.7全体


左・・冬芝の芽が出てきてはいますが、まだ間隔があいています。 右・・かなり密に芽が出てきました。

接写


 冬芝の種蒔きの様子です。(H25.9.29(日))
左・・種蒔機を走らせる目印を置いています。 中・・種蒔開始。 右・・黄色い細長いのが種です。
冬芝蒔き


◎ H25.10.19(土)
 芝生化1周年お月見会を行いました。
 曇り空で、月が長時間出ることはありませんでしたが、パネルを使いながら、月についての解説を聞きました。

月見1


 星空コンサートやフォークダンス、そしてクイズ大会で大いに盛り上がりました。
月見2


 フランクフルト、焼きそばの屋台は大忙しです。用意した100人前は完売しました。(売り切れ御免)
月見3


◎ H26.3.23(日)
 
 H25年度最後の芝作業です。
  ①冬芝生育があまり良くないので、土壌検査をしました。その結果酸性に傾いていたので、苦土石灰を散布(20㎏袋を50袋)しました。
 約六箇月後の、冬芝の種の散布のころには、中性になり冬芝の生育を助けてくれます。(夏芝は酸性土壌には影響を受けません)
 
 ※ 下に添付の「PH測定結果」参照。測定結果PH6.5。
   サッカー・運動会等で、石灰で引いたライン上の冬芝の生育は良い。

 ②芝はあまり伸びていなかったので、芝刈り作業は行いませんでした。
 ③プール南側の児童農園に、刈った芝を野積みにし、堆肥にしていたものを畑全面に散布しました。
PH測定結果 [pdf:460KB]






 
ページトップ