海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 行政サービス案内 > 公園・キャンプ場・体育施設など > 小学校グラウンドの芝生育成状況について

小学校グラウンドの芝生育成状況について

芝生の植え付け後の生育状況を、写真で紹介していきます。
(役場庁舎側から写しています。)
(左が西側、右が東側)

参考リンク先
小学校グラウンドの芝生化について
芝刈りボランティアについて
日吉津小学校グラウンド芝植え付け大作戦


◎ H24.6.24(日)
 約250名の植え付けボランティアにより、
約7,000㎡、27,700株の植え付けが終了しました。

植え付け後



 砂場北西角の状態です、約50センチの升目の角に植えつけました。
 (以降、接写はこの場所で比較していきます。)

植え付け後


◎ H24.7.2(月)
 一週間後、全体写真だとわずかな変化ですが、少しずつ伸びてきています。

一週間後


 散水により、上にかけてあった土が取り除かれ、緑が見えただけに見えますが、
 少しずつランナーが、横に広がってきています。

 散水は、午後11時から午前1時30分まで、自動で行っています。
 管路は5系列あり、1系列30分ずつ散水します。
 雨が降った場合は、感知して散水を止めます。


一週間後



◎ H24.7.8(日)
 午前6時30分~7時
 施肥をしました。
化成肥料(14-14-14)を6袋(20kg/袋)まきました。
 維持管理は、芝刈りボランティアで行いますが、8月以降の作業予定としています。
 7月中旬の施肥と、下旬の芝刈り・施肥は作業手順の確認等のため「推進隊」で行っています。

施肥状況


 ランナーがよく伸びている箇所は、20~30cm伸びています。
 約50cm間隔のとなりの株まで届きそうなランナーもあります。

ランの状態


◎ H24.7.8(日)
 午前8時30分~午後1時30分
 植え付けから二週間後、村民球技大会(ソフトボールの部)を行いました。
 野球バックネット側と、体育館南側を利用した2ブロックのトーナメント方式で、
野球側で5試合、体育館側で4試合しました。
(小学校の体育や休憩時間のグラウンド使用は、植え付け翌日(月)から平常どおり行っています。大人が大人数で利用するのは今回が初めてです。)

ソフト全体


 試合終了後
 野球側の外野の、芝の掘り起こし等の箇所はありませんでした。
左から、ライト、センター、レフト

野球外野


 体育館側も、大きな掘り起しはありませんでしたが、念のため補植用の苗を植えました。

左側、ホームベース。右側、ピッチャーマウンド。

体育館ホーム、ピッチャー


左から、ファースト(ホーム方向)、セカンド(サード方向)、サード(ホーム方向)

体育館内野


◎ H24.7.9(月)
 二週間後、全景です。

2週間後全景


 ランナーが10~15cm伸びています。

定点2週間後


◎ H27.7.17(火)
  三週間目です。だいぶ緑が濃くなってきました。

三週間目


上にも伸びてきています。(2~3cm)

三週間目


この続きは、小学校グラウンド芝生育成状況について(2)をご覧下さい。






 
ページトップ