海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 行政サービス案内 > 公園・キャンプ場・体育施設など > 水辺の楽校(がっこう) > 春の子ども探検ウォーク(平成21年4月4日)を掲載しました

春の子ども探検ウォーク(平成21年4月4日)を掲載しました

 「はぜの木」や「桜堤」、「水辺の楽校」など日吉津には隠れた自然がいっぱいあります。
 日野川土手沿いを探検しながら自然について学びました。養漁場を見学した後、キャンプ場で鮎を焼いて食べました。
 
●日時 平成21年4月4日(土) 午前8時20分~
 
●場所 はぜの木、桜堤、水辺の楽校、養漁場、海浜運動公園キャンプ場
 
●参加者 小学生31名、関係者17名 総勢48名
 
 

はぜの木の説明

はぜの木

はぜの木はロウの原料であり、ロウの生産をするために日野川土手にも栽培されていました。当時は並木が続いていましたが、今では3本しか残っていません。
詳しくはこちらをご覧下さい。

桜堤

桜堤
 
はぜの木から日野川を下っていくと、桜堤があります。ここにはたくさんの桜が植えてあり、毎年春には桜が満開になります。

アジサイの植樹

アジサイの植樹
 
10本のアジサイの苗を3人一組で植えました。

養漁場

養漁場(鮎・鮭)
 
190万匹の鮎の稚魚を養殖しています。鮭の稚魚も養殖しています。

試食

試食
 
鮎を串刺しにして、焼いてたべました。豚汁も作ってもらい、お腹いっぱいになりました。






 
ページトップ