海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 事業者の方へ > 自治基本条例 > 推進委員会開催状況 > 小学生への条例説明会(第8回推進委員会H23.2.18)

小学生への条例説明会(第8回推進委員会H23.2.18)

■日時 平成23年2月18日(金)9:40~11:40
 
■場所 日吉津村役場
 
■内容 「役場ってどんなところ?何をしているところ?自治基本条例って何だろう?」について、日吉津村自治基本条例推進委員会が、日吉津小学校6年生34人に説明しました。
 

 

福祉保健課

【役場庁舎内見学】
 福祉保健課では、みなさんが幸せで、元気に安心して暮らせるための仕事をしています。
 みなさん村民の健康を守るために、病気の予防などを行っています。また、児童館や子育て支援センターで子育ての応援をしています。

地域振興課

【役場庁舎内見学】
 地域振興課では、村の将来を企画しています。総合計画など村が住みやすいところになるための計画をつくったり、自治基本条例をつくり、推進する仕事をしています。
 みなさんが協力しあって、ほかの所に負けない、みなさんが自慢できる村にしていきます。

村長室

【役場庁舎内見学】
 村長室です。村長は選挙で選ばれた人です。
 ここで、問題です。
 村長になるために、選挙に出られるようになるのは何歳からでしょうか?
 村長になるための選挙にでるためには年齢が25歳以上であることが必要です。
 みなさんの中から、将来村長になってみたい方はいますか?

議長答弁

【日吉津村議会について】
 「議長には、どうしたらなれますか?」
 橋井満義議長が、答弁しました。
 議員に当選し、議員の中から選ばれた人が議長になれます。
 みなさんの中から、将来、議員になってみたい人はいますか?

自治基本条例って何だろう?

【自治基本条例って何だろう?】
 自治基本条例推進委員会の松本二三子委員が解説しました。

参画と協働

【参画と協働】
 「参画」とは、何かを行うときに、計画する時から関わって参加することです。
 「協働」とは、何かの目標を共有して、みんな一緒に力を合わせて活動することです。
 大切なことですので、今日は、この2つを覚えて帰ってください。そして、みなさんも日吉津村が住みやすい村になるように、今日から参画と協働をよろしくお願いします。

記念写真

【記念撮影】
 参加者全員で、「はい、チーズ!」







 
ページトップ