海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 行政サービス案内 > 生活環境 > ノーレジ袋デー

ノーレジ袋デー

 「ノーレジ袋デー」として年数回、県下全域でレジ袋削減に向けて取り組んでいます。
 この機会に、環境にやさしいライフスタイルへの第一歩として、買い物にはマイバッグを持参しましょう。
 

ノーレジ袋推進協力店
「ノーレジ袋デー」当日は、このノーレジ袋マークのあるお店では
 一 、原則として、お店でお買い物をされてもレジ袋をお渡ししません。
 一 、お買い物の際には、マイバッグをお持ちください。
 一 、マイバッグは、レジでのお支払いが済んでからお使いください。
 
レジ袋の削減に向け、皆さんのご協力をお願いします。

 
レジ袋削減の理由は?

1.ゴミ減量のため
 レジ袋は日本中で年間約305億枚、1人あたり約300枚が使用されており、その多くがゴミとして排出され、不法投棄等の被害も多発しています。
2.地球温暖化防止のため
 レジ袋の製造や加工、廃棄を行うと、地球温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)が発生します。現在、日本ではレジ袋の製造・加工・廃棄により、年間100万トン以上のCO2が発生しています。
3.石油資源の節約のため
 現在、日本ではレジ袋の製造のために、年間で約6億リットルもの貴重な石油が使用されています。
 
いつでも、誰にでも出来ます。レジ袋削減運動!!
 お買い物をする際は、次のことに気を付けるだけでレジ袋削減運動に参加することが出来ます。
 ・あらかじめ、マイバッグ等を持って出かけましょう。
 ・以前もらったレジ袋を再利用!次の買い物に持って出かけましょう。
 ・レジ袋を断って、手持ちのセカンドバッグや服のポケットに入れましょう。
 ・少量の買い物なら、シールを貼ってもらいそのまま受け取りましょう。
 ・お店を数軒まわった場合は、前のお店でもらった袋にまとめて入れてもらいましょう。
 ちょっとした工夫で、まだまだ出来ることがあるはずです。皆さんも出来ることから始めてみませんか?

■担当 役場住民課 TEL 0859-27-5951






 
ページトップ