海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:

食中毒予防

食中毒とは
 原因となる細菌やウイルスに汚染された食品を食べることで発症します。
 多くの場合、吐き気・嘔吐・腹痛・下痢などの急性胃腸炎症状や、しびれ・麻痺などの神経障害が起こります。
 原因となる物質によって、細菌性・ウイルス性などに分類されます。
 
食中毒原因物質の分類

 
 原因物質の特徴はこちらを、予防法・対処法についてはこちらをご覧ください。
 
■家庭でできる予防法
 
予防方法

 
■食中毒発生状況
 県内の食中毒発生状況については、こちらをご覧ください。






 
ページトップ