海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > しごと・産業 > 農林水産 > 松くい虫被害防止「スプリンクラーによる地上散布」作業の終了について

松くい虫被害防止「スプリンクラーによる地上散布」作業の終了について

松くい虫被害防止のため、スプリンクラーによる



地上散布の、第2回目を実施しました。
本年度の散布は以上を持ちまして終了しました。



 鳥取県内では、各地で依然として松くい虫の被害が続いており、今年も春季予防事業としてヘリコプターによる空中散布やスプリンクラーによる地上散布が行われました。

 日吉津海岸の松は、防風・防潮などの公益的機能を備えるとともに、白砂青松という言葉で代表されるように、海浜部の景観づくりなど、私たちの生活に大きな潤いを与えています。
 日吉津村では、この海岸の松を守るため、今年もスプリンクラーによる地上散布を下記のとおり行いましたので、皆さんのご理解とご協力をお願いします。

                     記


1 散布の日時及び区域
 

実 施

実 施 時 間

実 施 区 域

第1回

5月30日(水)

実施しました

午前5時~8時

日吉津海岸
(村有林等)

※下図参照

第2回

6月14日(木)

 当初実施予定の
 13日
(水)は天候
 不良の
ため順延

実施しました

午前5時~8時


2.使用した農薬

スミパイン乳剤(MEP剤)180倍液を使用します。この薬剤は、果樹園や田畑でも広く使用されています。 (使用薬剤量 600 リットル/ヘクタール)

3 事故防止のためのお願い

 散布後一週間は、立ち入りを控えてください。
 なお、万が一、頭痛、めまい等の反応を感じられた方は、最寄りの医療機関か下記の問い合わせ先までご連絡ください。



4. 薬剤散布区域




●担当 建設産業課 TEL 0859-27-5953







 
ページトップ