海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:

村のうた

<平成元年2月制定>


─ ふるさとの歌 ─
日吉津音頭
作詞・選定委員会 作曲・ 奥田 紘史
編曲・真野 和也 振付・ 市川せつ子
唄・嶺 よう子
一、 大山(やま)はおぼろに
チューリップさいてナー
続く青田に蛙なく
サテ 日吉津よいとこ
すみよいところ
日吉津よいとこすみよいナー
四、 波の飛沫(しぶき)をまじかに眺め
湧いて豊かな温泉(ゆ)にひたる
サテ 日吉津よいとこ
すみよいところ
日吉津よいとこすみよいナー
二、 日野の河原に若鮎はねて
踊り花火に 気も勇む
サテ 日吉津よいとこ
すみよいところ
日吉津よいとこすみよいナー
五、 海のむこうの岬がくれりゃ
広い工場(こうば)の灯がともる
サテ 日吉津よいとこ
すみよいところ
日吉津よいとこすみよいナー
三、 黄櫨(はぜ)は色そめ稲穂もたれて
祭太鼓の音ひびく
サテ 日吉津よいとこ
すみよいところ
日吉津よいとこすみよいナー
六、 うたも続くが踊りも続く
村の歩みに花がさく
サテ 日吉津よいとこ
すみよいところ
日吉津よいとこすみよいナー
  
  
  

─ 日吉津村民歌 ─

わたしのふるさと

作詞・木村 薫代

補作詞・

島田 陽子

作曲・池田 八声

唄・

嶺 よう子

一、 青い海は わたしのふるさと
隠岐島(おきのしま) はるかに望み
波しぶき 白く散るよ 日本海
ああ ひとのこころを 育(はぐく)んだ
この海愛して 生きるとき
日吉津が みんなが 好きになる
二、 仰ぐ山は わたしのふるさと
白い雪 まぶしく光り
あざやかに 秋は燃える 大山よ
ああ 夢を希望を 語りあい
この山愛して 手を組めば
日吉津に うた声 わきあがる
三、 ここは日吉津 わたしのふるさと
日野川は ゆたかに流れ
チューリップ咲いて 実る野の幸よ
ああ 若いいのちを 熱くして
今日から明日へと すすむとき
日吉津に よろこび あふれるよ










 
ページトップ