海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:

都市計画区域

都市計画区域について

 都市計画法によって、米子・境港都市計画区域の一部として、村全域が都市計画区域となっており、市街化区域と市街化調整区域に区分されています。

■都市計画区域の面積

区 分 面積(ha)
行政区域 416
都市計画区域 416
市街化区域 82
  第1種住居地域 21
準工業地域 5
工業地域 23
工業専用地域 33
市街化調整区域 334

■市街化区域
 優先的、かつ計画的に市街化を進めようとする区域です。この区域は、市街地形成のため、快適な都市生活の環境づくりをめざします。

■市街化調整区域
 市街化を抑制すべき区域であり、特定の建築物(農家用住宅など)のほかは建てられないことになっています。
 
■用途地域
 都市の将来のあるべき姿を実現していくため、市街化区域内に住居、工業専用、その他の機能別に区分し、 良好な都市環境の確保を図るため定める区域です。
 村内には4種類の用途地域があり、それぞれの地域に応じて建築物の用途、面積、高さなどの制限があります。

■市街化区域、市街化調整区域、用途地域等の詳細
 都市計画総括図をご覧ください。 


 都市計画情報は、とっとりWebマップで検索できます。
 なお、詳細については、担当窓口にお問い合わせください。

■都市計画法の開発許可等について
 開発行為を行う場合は、許可が必要となります。許可に際しては、都市計画法第33条の技術基準等に適合する必要があります。開発許可等の詳細は、こちら(鳥取県住まいまちづくり課ホームページ)をご覧ください。
 市街化調整区域内で開発行為を行う場合には、都市計画法第34条の基準に適合する必要があります。市街化調整区域の開発許可基準はこちら(鳥取県住まいまちづくり課ホームページ)をご覧ください。また、市街化調整区域の指定区域内では、自己用住宅や兼用住宅の建築が可能です。詳細はこちらをご覧ください。
 開発許可等については、鳥取県西部総合事務所建築住宅課(TEL 0859-31-9753)にお問合せください。

■都市計画区域等の証明
 土地の所在の証明書が必要な方は、担当窓口に申請してください。
 申請の手順は次のとおりです。
1.都市計画区域等証明願と土地の位置を示した図面(住宅地図等)各1部を提出してください。
2.証明手数料を納付してください。証明手数料は、申請件数1件で300円です。1件の申請で複数筆の土地を証明する場合は、1筆300円、2筆以降は1筆につき50円追加です。例えば1件の申請で3筆を証明する場合は、300円+50円×2筆=400円となります。
3.証明願、図面は下記のファイルをご利用ください。




都市計画図のダウンロード・販売について

■無償ダウンロード(印刷してご利用できます。)
  ■都市計画総括図(1:20,000 A4版) (PDF 1MB)
  ■都市計画図(1:10,000 A3版) (PDF 1MB)
 


■販売は建設産業課で行っています。
・都市計画総括図のカラーコピー(1:20,000 A4版) 1枚200円
 ※都市計画総括図(1:20,000)の販売はしていません。購入をご希望の方は、米子市都市計画課で購入してください。
  
・都市計画図
 1:2,500(880mm×1,300mm 青焼) 1枚300円
 1:10,000、1:2,500ともコピー(A3版まで)は、1枚20円です。

※建築確認を鳥取県西部総合事務所建築住宅課に申請される場合は、1:2,500都市計画図の添付は不要です。


都市計画に関する計画、方針などの関連資料

計画




 
過去の都市計画図

 ■平成16年(2004年)作成 1:10,000 A3版 (PDF 289KB)








 
ページトップ