海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:

障がい者福祉

                               福祉保健課 TEL:27-5952

■障害者手帳
 ●身体障害者手帳

  肢体、聴覚、視覚、心臓、じん臓などに一定以上の障がいのある方が、いろいろなサービスを
  受けるために必要な手帳です。まだお持ちでない方は、ご相談ください。

 ●療育手帳
  知的に障がいのある方が、いろいろな援護を受けやすくするための基本ともなる手帳です。
  まだお持ちでない方はご相談ください。

 ●精神障害者保健福祉手帳
  精神障がいのある方が社会復帰、社会参加、自立の促進を図るために交付される手帳です。
  まだお持ちでない方は、ご相談ください。

■補装具の交付・修理
 身体障害者手帳をお持ちで、補装具の交付・修理が必要と認められる方に体の失われた部分
 の機能を補うための装具(補聴器・義肢・車いす等)の交付と修理を行います。身体障害者更生
 相談所で判定を受ける必要がある場合もあります。

■医療制度
 
●更生医療
  
身体障害者手帳をお持ちの18歳以上の方が、知事の指定を受けた医療機関で心臓手術、
  人工関節置換術、人工透析などの障がいの軽減、除去や機能回復のための医療を受ける
  場合に対象となります。(世帯の所得や手術の種類によっては、対象とならない場合があり
  ます)

 ●育成医療
  身体に障がいのある児童(18歳未満の方)が、知事の指定を受けた医療機関で、障がいの
  軽減、除去や機能回復のための医療を受ける場合に対象になります。(世帯の所得や手術
  の種類によっては、対象とならない場合があります)

 ●精神通院医療
  精神疾患のある方が、都道府県の指定を受けた医療機関で通院による医療を受ける場合に
  その医療費を公費で負担する制度です。(世帯の所得等に応じて負担上限額が設けられます)



■心身障害者扶養共済制度
 身体障がい者・児(1級~3級)または知的障がい、精神障がいのある方を扶養している方が
 加入者となって、毎月定められた掛金をかけることにより、加入者に万一のことがあった場合、
 障がい者本人に毎月20,000円の年金が生涯支払われます。加入できる保護者の年齢は65
 歳未満です。


■各種手当
 障がい者やその家族の負担の軽減や生活安定のために、各種手当の制度がありますので、
 ご相談ください。

 ●身体障がい者・心身障がい者・精神障がい者福祉年金給付
   毎年4月1日において本村に引き続き、1年以上在住する方で、身体障害者手帳所持者、
   療育手帳所持者、精神障害者保健福祉手帳所持者および生活保護を受けている世帯の
   世帯主に年額1人10,000円を支給します。

 ●心身障害者等医療費助成
   本村に住所を有する74歳以下の方で、身体障害者手帳の交付を受けた方、療育手帳所持
   者、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方の疾病又は負傷について、社会保険各法
   等により被保険者が負担することとなる医療費の1/2を助成します。所得税を納める義務の
   ある方等、制限があります。

 ●特別障害者手当・障害児福祉手当
 
  重度の障がいがあり、日常生活に常時特別な介護を必要とする在宅の方に支給されます。
   障がいの状況や、本人や扶養義務者の所得等による支給制限があります。

 ●重度心身障害者等社会参加促進助成(タクシー券助成)
   
日常生活の利便と社会活動の参加の促進を図るため、タクシーの乗車1回につき、1枚
   (500円分)のタクシー券の助成を行います。(交付するタクシー券は1ケ月につき4枚まで)
   対象者は身体障害者手帳1・2級、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級所持者で、
   住民税非課税の方です。



■特別児童扶養手当

 精神又は身体に障がいのある20 歳未満の在宅児童を監護する父または母、または父母に
 代わってその児童を養育している方に支給される手当です。

 ※受給資格のある人
  日本国内に住所を有する20 歳未満の精神又は身体に中程度以上の障がいを有する児童
  を監護する父、もしくは母(所得が多い方)、または父母に代わってその児童を養育している
  方。

 ※受給できない場合
  (1) 児童や父母または養育者が国内に住んでいないとき
  (2) 児童が障害を事由に公的年金を受け取ることが出来るとき
  (3) 児童が児童福祉・知的障がい者・身体障がい者施設に入所しているとき

 ※手当の月額
  ・1級(重度)
   対象児童1人につき 月額 50,750 円
  ・2級(中程度)
   対象児童1人につき 月額 33,800 円
  ・所得による支給制限があります。


 ※現況届の提出
  現在、特別児童扶養手当を受けている方は、毎年8月に現況届の提出が必要です。
  現況届を出さないと8月以降の手当が受けられませんので、忘れずに提出してください。



■障がい福祉サービス

   障害者総合支援法による障がい福祉サービスは、障がいの種類や程度などの勘案すべき
  事項やサービス等利用計画案を踏まえ、個々に支給決定が行われる「障害福祉サービス」
  「地域相談支援」と、市町村の創意工夫により、利用者の方々の状況に応じて柔軟にサー
  ビスを行う「地域支援事業」に大別されます。
   サービス内容は、在宅で訪問を受けたり、通所などで利用するサービスと、入所施設で行う
  サービスがあります。また、地域で生活する障がいのある人のニーズを踏まえ、地域の実情
  に応じた柔軟な事業形態での実施が可能となるよう、相談支援事業やコミュニケーション支援
  事業などの取り組みを行います。
   詳しくは、こちらをごらんください。


■地域生活支援事業
 地域生活支援事業は、地域の実情に応じて市町村や都道府県が実施する事業です。
 日吉津村では次の事業に取り組んでいます。

事業名等
サービス内容
利用者負担
委託先等
相談支援事業
障がい者等からの相談に応じ、必要な情報の提供や助言を行います。
村の窓口のほか、村が委託している相談支援事業者でも相談に応じます。

※相談支援事業者 連絡先
■相談支援事業所 エポック翼  TEL:0859-36-2005
■障害者支援センターさかいみなと  TEL:0859-44-2472
■障害者生活支援センターすてっぷ  TEL:0859-37-2120
■障害者生活支援センターまちくら  TEL:0859-35-5647
■支援センター和おん  TEL:0859-30-4623
無料 養和会
厚生事業団
あしーど
地域でくらす会
もみの木福祉会
コミュニケーション
支援事業

聴覚障害がいのある方へ、手話通訳者等の派遣を行います。

※委託先事業所
■公益社団法人鳥取県聴覚障害者協会
 TEL:0859-32-7338  FAX:0859-32-7392

無料 NPO法人
ふくろう
日常生活用具
給付等事業

重度障がい者等に日常生活を便利にする用具の給付等を行います。

1割の定率負担と所得に応じた上限額を設定 取扱事業者等
移動支援事業

屋外での移動が困難な障がい者等について、社会参加等に必要な外出時の移動を支援します。

同上 居宅介護
事業者等
日中一時支援事業

障がい者等の日中における活動の場を確保し、家族の就労支援・一時的な休息を目的とします。

同上 同上
自動車運転免許
取得・改造助成事業

自動車運転免許の取得・自動車の改造に必要な費用の一部を助成します。



■関連する計画
障害者福祉計画は、こちら(PDF)をご覧ください。






 
ページトップ