海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:

特別医療助成制度

 障がいのある方やひとり親家庭、特定疾病、小さなお子さんの通院・入院など、特に医療費の助成を必要とする方の医療費には助成があります。この助成を受けるためには申請が必要です。役場福祉保健課で申請をしてください。特別医療費受給資格証をお渡しします。

区分
対象者の範囲
届出に必要なもの
身体障がい者 身体障害者手帳1~2級所持者 ・印鑑
・保険証
・身体障害者手帳
重度の知的障がい者 ・療育手帳A所持者
・IQ50以下で身体障害者手帳
 3~4級所持者
・印鑑
・保険証
・療育手帳
・身体障害者手帳(IQ50以下の場合)
特定疾病 ・慢性腎疾患、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患など(慢性疾患にかかっている未成年者)
・先天性代謝異常
(慢性疾患にかかっている未成年者又は20歳以上の方)
・印鑑
・保険証
・疾病に係る医師の意見書
ひとり親家庭 ひとり親家庭で18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある者と、この者を扶養している者
(前年の所得税非課税世帯に限る)
・印鑑
・保険証
・児童扶養手当証書
 あるいは遺族年金証書
・前年の所得税が非課税世帯であったことを証明できるもの
小児 18歳の年度末まで ・印鑑
・保険証
精神障がい者 精神障害者保健福祉手帳の1級所持者 ・印鑑
・保険証
・精神障害者保健福祉手帳
 

●小児・ひとり親家庭、特定疾病の低所得者世帯に係る入院費の負担が軽減されます。

自己負担額(入院)

月最高額:37,200円 負担上限:なし

*1人当たり1,200円/日





 
                ↓

小児・ひとり親家庭・特定疾病の低所得者世帯
の自己負担額(入院)

月最高額:18,000円 負担上限:あり(月15日まで)

*1人当たり1,200円/日

*低所得者世帯…村民税を課税されていない世帯で「限度額適用・標準負担額減額認定証」等の交付を受けた方。

●重度の障がい児・者の方も、所得に応じて医療費の一部負担が必要です。
月額負担上限額(1医療機関ごと)
所得区分
世帯
村民税を課税されていない世帯
村民税を課税されている世帯
本人
村民税を課税されていない方
(1)村民税を課税されていない方
(2)年間所得額1,595千円未満の方
(3)年間所得額1,595千円以上の方
負担
通院
全額助成
(本人負担なし)
1,000円/月
2,000円/月
助成対象外
(医療保険制度に基づく自己負担額)
入院
5,000円/月
10,000円/月
*表中(2)(3)は、老齢福祉年金支給要件の所得額[扶養親族0人の場合]による。
*所得には障害基礎年金、特別障害者手当等は含まれません。
 
1.村民税を課税されていない世帯の方は、これまでどおり全額助成します。
(自立支援医療の対象となる方は、当該医療の申請が必要です。)
2.村民税を課税されている世帯の方は、一定以上の所得がある方を除き、本人の所得に応じて、医療機関ごとに月額負担上限額まで、または総医療費の原則1割負担となります。
3.例えば、1医療機関に対する1ケ月の医療費(通院)が20,000円かかった場合は、1割の2,000円を自己負担しなければいけませんが、村民税を課税されていない方であれば1,000円の負担となります。

●すべての受給者の方について
・入院時の食事療養費(食材料費)の負担が必要となります。
・院外薬局での負担はこれまでどおり無料です。
 
■問合せ
 役場福祉保健課(TEL 0859-27-5952)






 
ページトップ