海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:

印鑑登録

印鑑登録証
15歳以上の人で、日吉津村に住民票がある人、外国人登録をしている人は、1人1個の印鑑登録ができます。登録後はその印鑑が実印になり、不動産の取引や金銭貸借など重要な取引に使用されます。実印や、印鑑登録証は大切に保管しましょう。
 印鑑登録は、原則として本人が行いますが、病気その他やむを得ない場合は、代理人に依頼することができます。


登録の手続

本人が登録にこられた場合
 申請人が本人であるかどうかを確認するため、郵便で本人宛てに、照会書を送ります。その回答書を1ヶ月以内に持参されると登録ができます。
 ただし、次のようなものがあれば照会文書を省略し、申請と同時に登録ができます。

運転免許証
パスポート
外国人登録証明書
身体障害者手帳
保証書(日吉津村にすでに印鑑登録をしている人がその登録された印鑑を押して、申請人が本人に相違ないことを保証したもの)

代理人に依頼する場合

(代理人の場合、申請と同時に登録はできません)
 登録する印鑑と代理人の認印が必要です。この場合、本人の意志に基づくものであるかどうか本人宛てに照会書を郵送しますので、本人が署名押印して、1ヶ月以内にもう一度、本人、又は代理人が回答書を持参すれば、登録し、印鑑登録証を交付します。


印鑑登録証明書が必要なとき

印鑑登録証を必ずご持参ください。
忘れて来られますと、証明書は交付できません。
代理人の方が来られるときは、本人の住所、氏名、生年月日が書けるようにしてきてください。
代理人の認印が必要です。
手数料は1通300円です。

登録できない印鑑
自分の氏名以外の文字が刻印してあるもの
プラスチック印やゴム印、シャチハタ印など印面の変わりやすいもの。
印面が欠けたり、すり減ったりして、印影の照合が困難と認められるもの。
他の人がすでに登録しているもの。
印影の大きさが一辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの又は一辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの。

印鑑登録証の返還
村外へ転出したとき。
氏名が変わったとき。
死亡したとき。














 
ページトップ