海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:

戸籍

戸籍
 住所とは関係なく、その人の出生年月日、親子関係などの身分関係が記載してあるもので、この戸籍のある場所を「本籍」といいます。現在の戸籍は、夫婦単位で編成されています。

筆頭者
 戸籍で用いるものであり、戸籍の冒頭に記載してある人のことをいいます。本籍と筆頭者でその戸籍を表示しています。筆頭者が死亡しても、その戸籍の筆頭者名は変わることはありません。

届出の
種類

いつまでに

だれが

どこに

届出に必要なもの

その他



生まれた日から14日以内 次の順位で
1. 父または母
2. 法定代理人
3. 同居者
4. 出産に立ち会った医師、助産婦またはその他の者
次のどこかへ
所在地の市町村役場
本籍地の市町村役場
出生地の市町村役場
届書1通
母子手帳
届出人の印鑑
国民健康保険証
(加入者のみ)
子の名前は、常用漢字、人名漢字、平仮名、片仮名の範囲に限られています。


死亡の事実を知った日から7日以内 次の順位で
1. 親族
2. 同居者
3. 家主、地主または家屋、土地の管理人
次のどこかへ
所在地の市町村役場
本籍地の市町村役場
死亡地の市町村役場
届書1通
届出人の印鑑
国民健康保険証
(加入者のみ)
国民年金手帳
(加入者のみ)


届出した日から本籍がかわります 戸籍の筆頭者とその配偶者 次のどこかへ
新本籍地の市町村役場
旧本籍地の市町村役場
届書1通
現在の本籍地以外の市町村に転籍するときは、戸籍謄本1通
印鑑(筆頭者と配偶者のもの)


届出期限はありませんが、婚姻生活に入ったらすみやかに届出を出しましょう。届出した日から効力が生じます。 夫と妻 次のどこかへ
夫か妻の本籍地の市町村役場
所在地の市町村役場
届書1通
日吉津村に本籍がない人は、自分の本籍地から戸籍謄本1通
夫婦両方の印鑑(姓のかわる方は旧姓で署名押印)
未成年者のときは、父母の同意書
届書には証人(成年者)2人の署名押印が必要です。
住所の異動については、別途に届出をしてください。




上記届のほかに、認知届、離婚届、養子縁組・離縁届、入籍届などの届出があります。これらの手続きの方法や、戸籍についての相談は、住民課へお気軽にお問合せください。


郵便での請求方法はこちら






 
ページトップ