海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 各課一覧 > 教育委員会事務局 > 文化財 > 蚊屋島神社が国登録有形文化財となりました!

蚊屋島神社が国登録有形文化財となりました!

蚊屋島神社拝殿・本殿全景
蚊屋島神社拝殿・本殿全景
平成30年7月20日に開催された国の文化審議会において、蚊屋島神社の8件の建造物を新たに国登録有形文化財にするよう答申が出されました。

平成30年11月2日付で登録原簿に記載され、官報告示が行われました。これを受けて蚊屋島神社の8件の建造物は国登録有形文化財となりました。
  

拝殿向拝正面
拝殿向拝正面
蚊屋島神社は、明治元年に建てられた本殿が造りの規模や構造に加えて装飾の豊かさなど独自性を持つこと、機能的な整備が図られた神社の近代化の一端を示していることが評価され、歴史的景観に寄与していることから登録有形文化財に登録される運びとなりました。



日吉津村では、国・県指定を含めても初めての国登録文化財になります。

【参照】
文化庁ホームページ 登録有形文化財(建造物)の登録について

文化財登録制度とは

 文化財登録制度は、近年の都市開発などにより評価を受ける間もなく消滅の危機にさらされている近代等の文化財を後世に継承していくためにつくられた制度です。
 保存と活用の措置を特に必要とするものを、国の文化財登録原簿に登録し、届出制と指導・助言等を基本とするゆるやかな保護措置を講じる制度です。従来の指定制度を補うものとして平成8年から導入されています。

【登録有形文化財登録基準】(対象:建造物、土木構造物及びその他の工作物)
原則として建設後50年を経過し、下記の一つにあてはまるもの
(1)国土の歴史的景観に寄与しているもの
(2)造形の規範となっているもの
(3)再現することが容易でないもの

【参考】
登録有形文化財建造物制度の御案内(PDFファイルが開きます)

蚊屋島神社について

地理

 蚊屋島神社は、鳥取県西部を流れる日野川の下流にひらけた箕蚊屋平野の中央部に鎮座し、現在の日吉津村よりも広い地域に及ぶ蚊屋庄29か村の産土神(うぶすながみ)です。蚊屋の「島」というように、わずかな微高地を示す場所に位置しています。日野川は歴史を通じて幾度も氾濫(はんらん)を起こして流路を変えており、蚊屋島神社もその被害に幾度もあっています。

社名と創建

 社名は、近世には日吉津大神宮(ひえづだいじんぐう)、伊勢宮(いせぐう)、天照皇太神宮(てんしょうこうだいじんぐう)などと呼ばれ、近世の棟札(むなふだ)には天照皇太神宮と記されています。明治初年に蚊屋島神社と改称され、現在にいたります。
 創立年代は不詳ですが、社領証文によって天文14年(1545)以前であると伝えられています。祭神は主神が天照大御神(あまてらすおおみかみ)、高比賣命(たかひめのみこと)の2柱で、伊勢の神と出雲系の神がともに祀(まつ)られています。

蚊屋島神社の文化財建造物


〇本殿(ほんでん)…明治元年再建、明治33年大規模修理。

〇幣殿及び拝殿(へいでん および はいでん)
 …天保4年再建、明治33年大規模修理。拝殿の正面と側面の三方をめぐる縁に、擬宝珠(ぎぼし)高欄(こうらん)があり西南隅の親柱の擬宝珠に「天保4年」の銘があります。
本殿、幣殿、拝殿側面
本殿、幣殿、拝殿側面

〇神饌所及び渡廊(しんせんじょ および わたろう)…明治33年新築
神饌所及び渡廊
神饌所及び渡廊

〇神楽殿(かぐらでん)…明治33年新築、昭和51年増築。
神楽殿
神楽殿

〇宝庫(仮殿)(ほうこ(おかりでん))…明治33年新築
宝庫(仮殿)
宝庫(仮殿)

〇豊受社(とようけしゃ)…明治元年再建
〇天神社(てんじんしゃ)…明治元年再建
(左)豊受社、(右)天神社
(左)豊受社、(右)天神社

〇随神門(ずいじんもん)…明治33年再建
随神門
随神門

【参考】

村指定文化財の詳細は
こちらをご覧ください。

村指定文化財の位置は、下記のファイルをご覧ください。

○担当 日吉津村教育委員会事務局 (TEL 0859-27-5956)






 
ページトップ