海に暮らし、まちで暮らす。鳥取県でいちばん小さい村、日吉津村。

文字サイズ:
トップページ > 福祉・保険 > ヘルプマークを配布します

ヘルプマークを配布します

ヘルプマークとは


義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、
妊娠初期の方など、援助や配慮を必要としている方々が、
周辺の方に配慮を必要としていることを知らせるための
マークです。


<ヘルプマークの配布開始について>
  平成29年9月1日に「鳥取県民みんなで進める障がい者が暮らしやすい社会づくり
 条例」(愛称:あいサポート条例)が施行となり、この条例の中で県民または事業
 者は、援助や配慮が必要であることを周囲に知らせる「ヘルプマーク」を着用して
 いる方に対して、その当事者の方の求めに応じて必要な支援等を行うことを定めま
 した。
  この「ヘルプマーク」について、鳥取県は2月1日から配布を開始しています。
  ヘルプマークを見かけたら、列車内で席をゆずる、困っているようであれば声を
 かけるなど、必要と思われる援助・配慮をお願いします。


ヘルプマークの配布について

○配布場所
 ・鳥取県内市町村障がい福祉関係課窓口
 ・鳥取県庁障がい福祉課
 ・鳥取県中部総合事務所福祉保健局
 ・鳥取県西部総合事務所福祉保健局

○配布方法
 ・県内に住所地(勤務地、利用施設・事業所所在地等)がある方
  で、ご希望の方に無償で配布します。
 ・配布するのは、ひとりにつき、ストラップ・バッジのどちらか1個です。
 ・ご家族や代理人による受け取りも可能です。
 ・団体としての一括での受け取りはご相談ください。

※配布の際、今後の参考とするため「援助や配慮を必要とする状態」(障がいの種別)
 についておたずねしますので、ご理解とご協力をお願いします。

ヘルプマークを見かけた方へのお願い

○列車・バスの中で席をお譲りください
  外見は健康に見えても、疲れやすかったり、つり革につかまり続けるなどの同じ姿勢を
  保つことが困難な方がいます。

○駅や商業施設等で声をかけるなどの配慮をお願いします
  交通機関の事故等、突発的な出来事に対して臨機応変に対応することが困難な方や、
  立ち上がる、歩く、階段の昇降などの動作が困難な方がいます。

○災害時は安全に避難するための支援をお願いします
  障がいなどにより状況把握が難しい方、自力での迅速な避難が困難な方がいます。


◆問い合わせ先 福祉保健課 電話:27-5952






 
ページトップ