感震ブレーカーについて

地震後に発生することの多い火災原因には、電気が関わっています。
阪神・淡路大震災では、火災の発生原因の約65%が電熱機器、電気機器等の電気による発熱体が原因とされています。
そこで現在、地震火災被害を軽減するために、感震ブレーカーが見直されています。
災害時の被害軽減のためにも、感震ブレーカーの設置をお勧めします。
詳しくは、「感震ブレーカーとは」をご覧ください。

お問い合わせは 総務課(総務室) まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5950

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る