水道管にも冬支度を

気温が-3℃前後になると、水道管や蛇口が凍って水が出なくなったり、蛇口が破裂することがあります。もう一度ご家庭の水道管を点検して、凍結による災害を予防しましょう。

●特に注意が必要なのは・・・

・むき出しになっている水道管
・風当たりの強いところにある水道管や蛇口
・屋外にある水道管や蛇口

●凍結を防ぐには・・・

・水道管を保温材(厚さ20mm)で保護します。
・絶対に凍結させたくない場合は自動ヒーター付保温帯を装着します。水道局指定工事店にご相談ください。

●凍結して水が出ないときの応急処置は・・・

・蛇口にタオルを巻き、その上からぬるま湯をゆっくりかけ、徐々に溶かします。熱湯をかけると蛇口や水道管が破裂することがあります。

●水道管が破裂したら・・・

・止水栓かメーターボックスの中のバルブで水を止め、水道局か指定工事店に修理を申し込んでください。いざというときに慌てないように、普段からメーターや止水栓、バルブの位置を確認しておきましょう。

お問い合わせは 住民課 まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5951

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る