春の子ども探検ウォーク(平成21年4月4日)を掲載しました

「はぜの木」や「桜堤」、「水辺の楽校」など日吉津には隠れた自然がいっぱいあります。
日野川土手沿いを探検しながら自然について学びました。養漁場を見学した後、キャンプ場で鮎を焼いて食べました。

  • 日時 平成21年4月4日(土) 午前8時20分~
  • 場所 はぜの木、桜堤、水辺の楽校、養漁場、海浜運動公園キャンプ場
  • 参加者 小学生31名、関係者17名 総勢48名

はぜの木

日吉津村にある水辺の楽校で開催された春の子ども探検ウォークではぜの木を説明する様子

はぜの木はロウの原料であり、ロウの生産をするために日野川土手にも栽培されていました。当時は並木が続いていましたが、今では3本しか残っていません。

桜堤

日吉津村にある水辺の楽校で開催された春の子ども探検ウォークで歩いた桜堤

はぜの木から日野川を下っていくと、桜堤があります。ここにはたくさんの桜が植えてあり、毎年春には桜が満開になります。

あじさいの植樹

日吉津村にある水辺の楽校で開催された春の子ども探検ウォークでアジサイの植樹をした様子

10本のアジサイの苗を3人一組で植えました。

養漁場(鮎・鮭)

日吉津村にある水辺の楽校で開催された探検ウォークで養漁場を見学している様子

190万匹の鮎の稚魚を養殖しています。鮭の稚魚も養殖しています。

試食

日吉津村にある水辺の楽校で開催された探検ウォーク、試食の様子

テ鮎を串刺しにして、焼いてたべました。豚汁も作ってもらい、お腹いっぱいになりました。

お問い合わせは 建設産業課 まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5953

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る