蚊屋島神社 「龍の彫刻」

蚊屋島神社「龍の彫刻」(日吉津村指定文化財)

所在地 日吉津380番地 (平成26年9月24日指定)

蚊屋島神社は、蚊屋庄二十九ヵ村の総社として崇敬を集めてきた神社で、近世には日吉津大神宮と称されていたが、明治元年に現在の名称に改められた。
拝殿と向拝の上部に、計三体の龍が彫られており、江戸時代中期から末期、松江藩主松平治郷に木工方として仕えた「小林如泥」晩年の作だと伝えられている。
本作品と同形式の彫刻は、日本各地の神社・仏閣に見らるが、規模・芸術性においては、他の追随を許さないものである。

龍の彫刻
龍の彫刻

お問い合わせは 教育委員会事務局 まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5956

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る