おしらせ

 1110日から17日までの間、全自治会において開催した「ぎかい懇談会」におきましては、多忙な折にもかかわりませず多くの御参加をいただきました。誠にありがとうございました。いただいた御意見は、今後の議会活動に活かしてまいる所存です。今後とも議会活動に御協力いただきますよう宜しく御願い致します。

         第10回 ぎかい懇親会でいただいたご意見等 
           開催日時、会場、参加人数(合計83名 ※昨年65名)

開催日

開始時間

会  場

参加人数(昨年人数)

11月10日(日)

10時00分

日吉津上1公民館

10名(16名)

 

13時30分

日吉津下口公民館

8名(7名)

 

13時30分

樽屋公民館

6名(5名)

 

13時30分

今吉公民館

11名(8名)

 

19時30分

日吉津上2公民館

14名(12名)

11月16日(土)

19時30分

富吉公民館

17名(11名)

11月17日(日)

9時00分

海川公民館

17名(6名)

日吉津上1自治会
①台風などの防災対策について
・ハザードマップはあるが、災害時に実際にどう行動したらいいか不安。
 ・避難指定場所までどのように移動するかが課題。予測避難ができるか。自宅以外の場所で被災した場合はどうし   たらいいのか。
②「うなばら荘」について
 ・年間3000万円ほどを補てんしていると聞くが、住民1人あたり約1万円になる。年金生活者にとっては1万円もら   えたほうがいいのではないか。
 ・民間企業とタイアップできないのか。全国展開の企業もある。
・「うなばら荘」は老人福祉施設である。これからどうするのか、なくなった場合どうなるのか。これからの運営  次第で次の方向性を示す必要がある。
・近くにイオンがあり海沿いという好立地のため、20代・30代の若者が利用しやすい方策を考える必要があるのでは。
・村民としてはあった方が良い。利用率を上げるには経営センスが必要。経営のプロにみてもらったほうがいいのでは。
③保育所等建替え事業について
 ・その後どうなっているか。いつ頃できるか。
 ・避難場所として2~3階建ても考えられるのではないか。
⓸合併特例債について
 ・地方制度調査会から年末に出されるとみている。どうなるか知りたい。
⑤高規格道路について
・村長は村としての利益を考える。議会としては高規格道路についてどう考えているか。立場を明らかにしてほしい。
⑥ぎかい懇談会について
 ・議会として、今後の村づくりをどう考えているか。議会としての提案をしてほしい。
日吉津上2自治会
①村営住宅の入居状況について
 ・村営住宅が新築されて1年が過ぎるのに入居者はいるのか。このままにしておくのか。入居しない理由は何か。   自分が年をとり一人になったときに入居資格はあるのか。
②空き家対策について
 ・高齢者だけの住まいも増えている。これから空き家が増えると思うが、行政が間に入り空き家を貸し出すなどの   空き家対策はするのか。
③盆踊りについて
・以前は各自治体で練習してから参加していたが、今はいきなり本番。もう少し踊りの時間を増やせないか。
④敬老会について
・高齢者なので、座るのがつらい。テーブルと椅子にしてほしい。座るのが嫌だから、敬老会に行くのをやめよ  うとも思った。料理も高齢者には量が多いのではないか。うなばら荘で行う必要があるのか。
⑤ケーズデンキの進出について
 ・周辺は通学路になっているので、安全の確保をしてほしい。
⑥海浜運動公園について
・トイレを洋式にしてほしい。和式では高齢者が座るのが大変。村外の利用者からも今どき和式なのかと言われる。
・テニスコートは今のまま放置しておくのか。トイレもきちんと管理してあるか。
⑦サンヒーターについて
 ・サンヒーターの補助はどうなっているのか。
日吉津下口自治会
①「うなばら荘」の活性化について
・同期会で宿泊した。値段も安くサービスも良いのに、他の利用客がいなくて寂しかった。どのようなPR努力を  しているのか。村報の中にページを設けてはどうか。
 ・尾高ハイツが民営化され、地元に喜んでもらえる施設として再建されたことも、ヒントになるのではないか。
 ・「うなばら荘」には、行きたい!と思わせる特徴のある料理がない。
②道路拡幅について
 ・日吉津小学校から樽屋に向かう道路、宮川北線をもっと広くできないか。
 ・学舎の碑の前の道路から王子製紙に行く道は、トラックも通るため、道幅が狭い。
 ・火災発生時の逃げ道など、裏道を含めて村内の道幅の見直しを考えてほしい。
③不法投棄について
・家庭ごみのポイ捨てはポイ捨て条例に該当しないと思うが、家庭ごみでも罰金をとるようにしてほしい。
④新入居者への個人情報管理について
 ・新しく集合住宅に入居した人の個人情報がわからない家庭が多い。災害対応やゴミの管理は自治会が行う。入居   申請の際に、災害時などに個人名を明らかにしていいかどうかわかるような記入方法を考えて欲しい。 
⑤村営住宅について
・村営住宅5軒が建て替えとなったが1年近く新たな入居者がない。宝の持ち腐れではないか。
⑥農業について
・上福原は圃場整備が始まっている。行政にしっかり指導してほしいし、考え方が伝わってこない。
⑦海岸の保安林について
 ・空中散布以外の整備が必要ではないか。
樽屋自治会
①道路の管理について
・個人宅の生け垣の剪定が出来ておらず、通行の妨げになっている。通学路でもあり、対策はできないか。
・県道からイオンへ向かう道は、自転車や歩行者にとって道幅が狭くて通りづらい。拡幅できないか。
・道沿いの川にはレジ袋に入ったゴミが多く捨ててある。清掃は誰が担うのか。
②下水道について
・樽屋の農地を宅地にしたくても、下水道が通っていない。農業振興地域になっているため、住宅を建てられず、いつまでも20世帯のままだ。人口増加のためにも宅地にできないか。
 ・ケーズデンキの進出にともない、下水道を引くことができないか。
③農業について
・農業に適していない土地が農業振興地域なのはおかしい。区域を誰が決めているのか。
 ・農地に企業誘致をしたら、村民が安定した職業につけるのではないか。・耕作放棄地が多く、きっちり管理している農家が迷惑している。役場職員に見てもらい、現実を理解してほしい。
 ・農業がわかる役場職員がいない。建設産業課では担当窓口を担えていない。
④村内施設のトイレについて
 ・農業者トレーニングセンターは村外の利用者も多いので、和式トイレばかりではなく、洋式トイレにできないか。
 ・海浜運動公園のキャンプ場も、トイレの改修が必要なのではないか。
富吉自治会
①道路や橋の拡幅について
 ・国道9号線新日野橋の東側、王子製紙入り口の反対側が、右折するには道路幅が狭い。拡幅してほしい。
 ・村内にある橋(橋梁)の幅が狭いので拡幅してほしい。
②河川敷運動公園の修復工事について
 ・数年に一度は災害にあっているので、村内にある荒廃地に運動公園をつくったらどうか。
・今吉地区にある広い土地を今後どうするのか。宅地にしたら利用者が増えるのではないか。
③村のプロジェクトについて
・村内に施設ができると村外からの人も増える。ただし、交通事故などの対策が必要だ。
海川自治会
①台風の対応について(今年の台風15、19号レベルが発生した場合)
・(公民館は浸水するため)佐陀川や日野川の増水などに対応できる避難場所の確保をする必要がある。
 ・被害確認のためにドローンを使用してはどうか。
・水害の時には垂直避難が求められているため、隣近所で2階のある家庭に避難できるようなルール作りも必要   ではないか。
 ・増水状況を把握するため、危険個所には村で定点カメラを設置してはどうか。
 ・周辺市町への避難、受け入れなども検討しておくべきではないか。
②災害時の訓練について
・地震・津波想定の訓練ばかりではなく、水害の訓練をすべきではないか。福祉避難所の開設、その対応について  十分な説明がなされていない。村民に伝わるように配慮すべきだ。
③ケーズデンキ進出について
 ・農耕車など通行の妨げがよりひどくなるので、しっかり対策を検討してほしい。
④ゴミ収集箇所について
 ・アパートなどに置かれている収集BOXのようなものを整備してほしい。
⑤農業後継者問題について
・後継者や農地保全は非常に大きな問題。村行政や議会により真剣に議論を深めてもらいたい。
⑥議会の役割は、予算執行をしっかりチェックすること。予算執行後の費用対効果を評価してほしい。
⑦固定資産税の税率をせめて米子市並み(1・5%)に下げるべきではないか。
⑧議員定数について
 ・若手議員を選出するには、定数を減らして、議員報酬をあげるべきではないか。
今吉自治会
①道路の管理について
 ・道路沿いの農地にセイタカアワダチソウなどの雑草が目立つ。視界も悪くなるので、管理をしてほしい。
 ・個人宅の生け垣の枝が伸びて危険。通行の邪魔になるので管理してほしい。
②川の管理について
・新田川は農業や消防用水として使われているが、上流からのゴミが多い。ゴミを流さないよう、上流地域に注意  喚起をしてほしい。
③「うなばら荘」について
・(3500万円の)赤字による補助額がだんだん増えている。補助金を出すようなことはやめるようにしなければな  らない。
 ・住民1人あたり1万円の税金を使っていいのか。
 ・バスを3台所有している。例えばバス会社と契約するなど、改革が必要。
④自治体への加入促進について
 ・行政に自治会加入の勧誘を取り組んでほしい。自治会長や役員任せでは難しく、大変。
・住民課に自治会加入を進めてほしいと何回も言っているが、何もしてくれない。せめて転入者の名前を自治会長  には教えてもらえないか。
⑤荒廃地対策について
・世代交代により若い人は農地を放置している。行政も農家と語る会などを開いて気にしてくれているが、援助は  してくれない。

お問い合わせは 議会事務局 まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5957

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る