11月14日は『世界糖尿病デー』です

 11月14日は、『世界糖尿病デー』です。

世界糖尿病デーロゴ.gif

 世界糖尿病デーとは、拡大を続ける糖尿病の脅威を踏まえ、2006年12月に「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を加盟国192カ国全会一致で可決し、同時に国際糖尿病連合(IDF)ならびに世界保健機構(WHO)が定めていた11月14日を『世界糖尿病デー』としてしていしました。IDFは決議に先駆け、”Unite forDiabetes”(糖尿病との闘いのため団結せよ)というキャッチフレーズと、国連や空を表す「ブルー」と団結を表す「輪」を使用したシンボルマークを採用し、全世界での糖尿病抑制に向けたキャンペーンを推進しています。

 11月14日は世界及び日本各地で糖尿病の予防・治療・療養の啓発運動として、「ブルーライトアップ」などの様々なイベントが開催されます。鳥取県内では、倉吉市立成徳小学校がブルーライトアップされます。

Icon 2019世界糖尿病デーチラシ.pdf (1.6 MB)

お問い合わせは 福祉保健課(福祉事務所) まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5952

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る