糖尿病患者のためのパンフレット

 糖尿病の方や糖尿病が強く疑われる方が年々増加しているため、「糖尿病の治療を放置した方・治療を継続した方の体験談」を通じて、糖尿病の治療の大切さを理解していただくためのパンフレットを厚生労働省が作成されました。
  糖尿病は、痛みなどの自覚症状がないのに食事管理や運動を強いられるため、治療を怠りがちになります。しかし、放置していると合併症が進行し、失明・人工透析・足壊疽といった結果になりかねません。
  パンフレットには、糖尿病の治療を続ける大切さを認識していただくため、治療の失敗例や成功例として病歴の長い患者さん10名の体験談が収載されていますので、ぜひ参考にして下さい。
  また、早期発見・早期治療のためにも、必ず年1回は健康診査や病院を受診し、体の状況を把握しておきましょう。

お問い合わせは 福祉保健課(福祉事務所) まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5952

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る