高齢者肺炎球菌予防接種について

・65歳

・60歳以上65歳未満であって、心臓、じん臓、もしくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいを有するものとして厚生労働省令で定める者(身体障害1級程度。医師の意見書が必要です。)

※経過措置対象者あり

肺炎球菌ワクチンは、平成26年10月1日より定期接種に導入されました。経過措置として、平成26年度から平成30年度までの間は各当該年度に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳となる方が定期接種の対象です。既に肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがある方は定期接種の対象外です。一部自己負担があります。

*75歳以上の肺炎球菌ワクチン接種費用助成について

肺炎球菌ワクチンの定期接種化に伴い、75歳以上の肺炎球菌ワクチン接種費用の一部助成につきましては、平成26年9月末をもちまして終了しました。
 

お問い合わせは 福祉保健課(福祉事務所) まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5952

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る