風しん予防接種の費用助成について

妊婦さんが風しんウイルスに感染すると、赤ちゃんに難聴や心疾患、白内障などの障がい(先天性風しん症候群)が起こる可能性があります。
日吉津村では、妊婦さんと生まれてくる赤ちゃんを風しんから守るため、風しんの予防接種にかかった費用を一部助成しています。
(平成31年1月1日接種分より助成内容を一部拡大しました。)
※妊娠中の女性は風しんの予防接種を受けられません。また、接種後2ヶ月は避妊が必要です。

対象者

日吉津村に住民登録があり、下記のいずれかに該当する場合

  1. 妊娠を希望する女性のうち、風しん抗体価の低い方
  2. 妊婦の配偶者(内縁を含む)
  3. 妊婦の同居者 ※拡大
  4. 妊娠を希望する女性(風しん抗体価の低い方)の同居者で、風しん抗体価の低い方 ※拡大

※風しん抗体価が低いとは、保健所や医療機関による風しん抗体価検査の結果、HI法16倍以下またはEIA法8.0未満もしくは国際単位(1)30IU/ml未満、国際単位(2)45IU/ml未満の場合です。

助成額

1回の接種につき上限8,000円 ※拡大
 (麻しん風しん混合ワクチンまたは風しんワクチンの接種にかかった費用を助成します。ただし、接種費用が上限に満たない場合はその額までの助成となります。)

対象となる接種

4月~翌年3月末
※申請できる期間は接種を受けた年度の翌年度4月10日まで

申請に必要なもの

  • 医療機関発行の領収書(ワクチン名、被接種者氏名、接種日、接種料金がわかるもの)
  • 対象者(1)または(4)の場合、風しん抗体価検査の結果
  • 対象者(2)または(3)の場合、妊婦の母子健康手帳
  • 印鑑
  • 振込口座のわかるもの(村に口座登録のない方)

 

お問い合わせは 福祉保健課(福祉事務所) まで

〒689-3553 
鳥取県西伯郡日吉津村大字日吉津872-15

電話 0859-27-5952

FAX 0859-27-0903

上へ戻る 上へ戻る 上へ戻る